病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
個人情報の保護について
患者さんの権利と責務
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
診療実績・臨床指標

看護外来

慢性腎臓病看護外来皮膚・排泄ケア外来
kg3kg4
 
 
  ◎認定看護師などの専門的な資格を持つ看護師が、患者さんやご家族への専門
   的なケア生活指導などを行います。
  ◎看護外来は専門的なケアや生活指導を通して、患者さんの病気が悪化すること
   なく管理でき、安心して過ごせるように支援することを目的に活動しています。

慢性腎臓病看護外来

kg1
 
透析看護認定看護師として慢性腎臓病(CKD)から透析療法まで水準の高い看護実践と指導・相談をめざして活動しています。
慢性腎臓病看護外来では、腎臓が悪い(CKD)と診断を受けた方や、透析導入や透析中の方 を対象に以下のことを行っております。
  慢性腎臓病の生活指導・相談
  糖尿病の方に透析予防指導(栄養指導含む)
  透析療法の選択説明・シャント管理・シャントエコー
  透析療法(血液透析・腹膜透析)指導・相談 など
相談などのお問い合わせは、泌尿器外来へお願いいたします。
 
kg1-1
 

皮膚・排泄ケア外来

kg1
 
この外来では、専門医師と連携をとりながら、皮膚や排泄に関する困りごと、例えば、ストーマの手術前後、手術後年数が経って相談先がない、尿漏れや下痢の悩み、褥瘡や治りにくい創傷のケア等に対応しています。皮膚や排泄に関わる苦痛を少しでも減らすために、オムツや排泄にまつわる皮膚障害、高齢者の皮膚障害の予防などに関するご相談などももちろん可能です。患者さんご家族だけでなく、地域の施設とも連携を拡大しています。どうぞ、気兼ねなくご相談ください。
  ストーマケア 創傷ケア スキンケア 失禁ケア
H26年度 63 93 0 0
H27年度 99 125 8 4


がん性疼痛看護外来

kg1
 
がん患者さんの多くは痛みを体験すると言われており、痛みは体のつらさだけではなく心のつらさや日常生活にも影響を及ぼします。がん性疼痛看護外来は、がん患者さんやご家族が満足できる生活が安心した場所で送れるように主治医の先生や外来看護師、薬剤師や栄養士、ソーシャルワーカーなどと連携して薬剤調整や精神面のフォローなどを行います。お困りのことやお聞きになりたいことがあれば、主治医の先生や外来看護師にご相談ください。
年度 2014年度 2015年度
件数 76 77


フットケア外来

kg1
 
フットケア外来では、「一生自分の足で歩くことができる」を目標に、糖尿病足病変ハイリスク要因(①足潰瘍、足趾・下肢切断既往、②閉塞性動脈硬化症、③糖尿病神経障害)のある外来通院中の患者さんにフットケアを行っています。1週間に5名の予約制で、問診、足浴、処置、セルフケア指導を行います。昨年末、足浴槽の新設工事も行われ、患者さんにも好評です。また、毎月スタッフでミーティングを行い、足病変の悪化予防ができるよう頑張っています。
糖尿病患者さんで気になる症状のある方は、糖尿病・内分泌内科外来へお問い合わせ下さい。
 
kg4-1
PageTop