病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
個人情報の保護について
患者さんの権利と責務
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
診療実績・臨床指標

糖尿病・内分泌内科

担当医師及び診察日

月 火 水 木 金
野田 薫
松永 仁恵
野田 薫
松永 仁恵
野田 薫 野田 薫
松永 仁恵
野田 薫
松永 仁恵

医師のご紹介


部長

野田 薫

  • 山口大学昭和63年卒、医学博士
  • 日本内科学会(認定医)
  • 日本糖尿病学会認定専門医・指導医
  • 日本医師会認定産業医
医師

松永 仁恵

  • 日本内科学会(認定医)
  • 日本糖尿病学会(専門医)
  • 日本内分泌学会
  • 日本甲状腺学会
 

対象疾患

糖尿病、甲状腺疾患などの内分泌疾患

治療内容・専門分野

糖尿病は非常に増加しており、40歳以上の日本人5~7人に一人の割合といっても過言ではありません。治癒することのほとんどない疾患ですが、血糖値が少々高くても、自覚症状がでないことが多く、コントロールすることが難しい病気です。

糖尿病治療の目的は、合併症をおこさず、人生を過ごすことです。初めて受診された患者さんには、現在の糖尿病の状態、合併症の有無、過去の糖尿病歴、さらに遺伝子関係を確認しながら、適切な治療方針を立てるようにします。糖尿病の理解のために、糖尿病教室を毎月開催してます。

治療のなかでは、食事療法が最も重要で、管理栄養士の協力を得て、細やかな面談を行ないます。家族構成、食事摂取の状況、仕事の形態、患者さんの要望を管理栄養士に伝え、面談が有意義なものになるよう配慮します。薬剤投与については、食事療法を遵守できた上で、個々にあった選択をいたします。

内分泌疾患のほとんどが甲状腺疾患で、副腎疾患、下垂体疾患などがあります。ホルモンの病気は見逃されやすく、治療が遅れると生命を脅かす状態になるので、初期の段階での診断が大事です。手術療法、アイソトープ治療以外のホルモン補充療法を、当科にて行っています。寛解に入っても、半年から一年以内に再燃することがあり、慎重に薬の減量を行います。少なくとも二年は、内服継続なければいけません。

副腎疾患、下垂体疾患もホルモン補充療法が主ですが、患者さんが体調を崩された際に、ミネラルのバランスをみたり、ホルモン補充量の一時的増量など、緊急に処置が必要になることがあります。検査値よりも身体症状の方が、判断の根拠になることがあり、気を配って診察しています。

患者さんへ一言

  • 患者さんの病状と経過を正確に把握し、診断することが治療に際し大切です。
  • 外来通院で治療が困難な場合は、入院診療も行なっています。
  • 話しやすいスタッフですので、お気軽に受診してください。

診療実績

平成27年入院患者数(述べ人数)

入院患者数 1型糖尿病 8例
2型糖尿病 67例
甲状腺疾患 1例
副甲状腺疾患 1例
下垂体疾患 1例
副腎疾患 1例

平成26年入院患者数(述べ人数)

入院患者数 1型糖尿病 10例
2型糖尿病 72例
甲状腺疾患 2例
下垂体疾患 1例
副腎疾患 1例

平成25年入院患者数(述べ人数)

入院患者数 1型糖尿病 13例
2型糖尿病 85例
甲状腺疾患 12例
下垂体疾患 1例
副腎疾患 1例

平成24年入院患者数(述べ人数)

入院患者数 1型糖尿病 10例
2型糖尿病 86例
甲状腺疾患 6例
下垂体疾患 2例
副腎疾患 1例

平成23年入院患者数(述べ人数)

入院患者数 1型糖尿病 13例
2型糖尿病 88例
甲状腺疾患 2例
下垂体疾患 1例
副腎疾患 2例
その他 45例
PageTop