病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
個人情報の保護について
患者さんの権利と責務
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
診療実績・臨床指標

肝臓病センター

担当医師及び診察日

月 火 水 木 金
午前 田邉 規和 山下 智省 加藤 彰 加藤 彰 山下 智省
午後 田邉 規和 山下 智省 加藤 彰 加藤 彰 山下 智省
午前 坂田 晃一朗 来嶋 大樹 近藤 潤也 坂田 晃一朗 林 秀知
 
肝疾患地域連携パス 肝疾患地域連携パス ダウンロードできます。ご自由にお使いください。
 

 

医師のご紹介


副院長

山下 智省

  • 日本肝臓学会指導医
  • 日本消化器病学会指導医

センター長

加藤 彰

  • 日本肝臓学会指導医
  • 日本消化器病学会指導医

センター医師

坂田 晃一朗

  • 山口大学昭和60年卒、医学博士
  • 山口大学医学部 消化器・腫瘍外科 臨床講師
  • 日本肝臓学会
  • 日本外科学会(専門医)
  • 日本膵臓学会
  • 日本消化器外科学会(専門医)
  • 日本外科感染症学会(評議員)
  • 日本ヘルニア学会(中国四国ヘルニア手術研究会世話人)
  • 日本超音波学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本乳癌学会
  • 日本臨床外科学会
  • 検診マンモグラフィー読影認定医
  • 日本癌学会
  • 日本消化器病学会

センター医師

林 秀知

  • 鹿児島大学平成7年卒、医学博士
  • 日本外科学会(専門医)
  • 日本消化器外科学会(専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医)
  • 麻酔科標榜医
  • 臨床研修指導医
  • 日本内視鏡外科学会
センター医師

大野 高嗣

  • 山口大学平成22年卒
  • 日本内科学会(認定医)
  • 日本肝臓学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会

対象疾患

  • 慢性ウィルス性肝炎の最新治療
  • 肝硬変の合併症に対する治療
  • 肝細胞癌の診療と治療
  • 自己免疫性肝疾患の診断と治療
  • 生活習慣病としての肝臓病の診断と治療
  • 肝臓病における食事指導
  • 急性肝不全の治療
  • 胃食道静脈瘤の治療

治療内容・専門分野

慢性C型肝炎

  • インターフェロン療法: (単独、リバビリン内服併用、ペグインターフェロン)
  • 肝庇護療法: (強力ネオミノファーゲンC静注、ウルソ内服、瀉血)

慢性B型肝炎

  • インターフェロン療法
  • 経口抗ウィルス剤: (ラミブジン、アデホビル、エンテカビル)
  • 肝庇護療法

肝細胞癌

  • 局所療法: (ラジオ波焼灼術、エタノール注入療法)
  • 経血管療法: (化学塞栓術、動注化学療法、動注リザーバー留置術)
  • 手術: (肝切除術)

生活習慣病としての肝臓病(アルコール性肝障害、脂肪肝、非アルコール性脂肪肝炎)

  • 食事指導
  • 運動指導

患者さんへ一言

      当施設は日本肝臓病学会の認定施設です。
    また、肝臓専門医あるいは指導医 3名を擁する病院は、下関地域では当施設のみであり、毎日(月-金)肝臓専門外来診療を行っています。

診療実績

平成27年治療・検査実績

C型肝炎の抗ウィルス療法:インターフェロン療法 0例
C型肝炎の抗ウィルス療法:内服抗ウィルス剤療法 85例
ラジオ波焼灼療法 28例
経皮的エタノール局注療法 2例
TACE、TAE 71例
肝切除 11例
術中ラジオ波焼灼 0例
BRTO(バルン閉塞下逆行性胃静脈瘤塞栓術) 2例
PSE(部分的脾動脈塞栓術) 0例
TIPE(経回結腸静脈的門脈塞栓術) 0例

平成26年治療・検査実績

C型肝炎の抗ウィルス療法:インターフェロン療法 48例
C型肝炎の抗ウィルス療法:内服抗ウィルス剤療法 7例
ラジオ波焼灼療法 24例
経皮的エタノール局注療法 4例
TACE、TAE 77例
肝切除 7例
術中ラジオ波焼灼 0例
BRTO(バルン閉塞下逆行性胃静脈瘤塞栓術) 0例
PSE(部分的脾動脈塞栓術) 0例
TIPE(経回結腸静脈的門脈塞栓術) 0例

平成25年治療・検査実績

外来患者数:継続的にフォローしている患者のみ 1988例
入院患者数:延べ 273例
ラジオ波焼灼療法 24例
経皮的エタノール局注療法 4例
TACE、TAE 90例
肝切除 3例
術中ラジオ波焼灼 5例
BRTO(バルン閉塞下逆行性胃静脈瘤塞栓術) 0例
PSE(部分的脾動脈塞栓術) 0例
TIPE(経回結腸静脈的門脈塞栓術) 2例

平成24年治療・検査実績

外来患者数:継続的にフォローしている患者のみ 1683例
入院患者数:延べ 338例
ラジオ波焼灼療法 27例
経皮的エタノール局注療法 7例
TACE、TAE 84例
肝切除 19例
術中ラジオ波焼灼 7例
BRTO(バルン閉塞下逆行性胃静脈瘤塞栓術) 0例
PSE(部分的脾動脈塞栓術) 2例

平成23年治療・検査実績

外来患者数:継続的にフォローしている患者のみ 1688例
入院患者数:延べ 354例
ラジオ波焼灼療法 31例
経皮的エタノール局注療法 3例
TACE、TAE 81例
肝切除 24例
術中ラジオ波焼灼 4例
BRTO(バルン閉塞下逆行性胃静脈瘤塞栓術) 2例
PSE(部分的脾動脈塞栓術) 2例

PageTop