病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
個人情報の保護について
患者さんの権利と責務
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
診療実績・臨床指標

血液内科

担当医師及び診察日

月 火 水 木 金  
縄田 涼平 縄田 涼平 杉山 暁子
縄田 涼平
縄田 涼平 杉山 暁子  

医師のご紹介

部長

縄田 涼平

  • 山口大学平成9年卒、医学博士
  • 日本内科学会(総合内科専門医、認定医、指導医)
  • 日本血液学会(専門医)
  • 日本臨床血液学会
  • 日本造血細胞移植学会
  • 骨髄移植財団 骨髄バンク 調整医師
  • 日本感染症学会(認定感染症コントロールドクター)
  • 日本プライマリ・ケア連合学会(認定医)
 
  医長

杉山 暁子

  • 愛知医科大学平成17年卒、医学博士
  • 日本内科学会(認定医)
  • 日本血液学会(専門医)
  • 日本造血細胞移植学会
  • 日本糖尿病学会
  • 骨髄移植財団 骨髄バンク 調整医師

対象疾患

血液疾患全般。白血病、悪性リンパ腫などの血液悪性腫瘍。貧血、血小板減少症など。

治療内容・専門分野

当科は血液疾患全般の診断と治療を行っており、特に白血病・悪性リンパ腫などの血液悪性腫瘍の診断と治療を柱として診療を行っております。 近年、造血器腫瘍の治療の進歩は著しく、また多様化してきております。以前であれば、抗癌剤の組合せによる化学療法しか治療法がなかった患者さんが、腫瘍細胞が特異的に発現している表面のマーカーを標的にした抗体療法や、腫瘍の原因となる遺伝子異常を標的とした、分子標的療法などの新しい治療法によって、治療成績の飛躍的な向上を認めるなど目を見張るものがあります。 また骨髄移植などの、造血幹細胞移植の成績も年々向上しております。 私たちは患者さん個々の病態に合わせた最適の治療法を選択するように日々努力しております。また治療法の選択にも答えが一つしか無いということがありません。多様化する治療に対応できるようスタッフ一同日々研鑽をしております。

患者さんへ一言

  • 血液癌の代表の白血病といったら一昔前までは不治の病でした。しかし化学療法の進歩。造血幹細胞移植の進歩。原因遺伝子を標的とした新しい治療法の開発などによって、徐々に克服されてきています。これら血液の悪性疾患はまだまだ難しい病気ではありますが、完全に治ってしまう方もかなり増えてまいりました。
  • もしそういう難しい病気になってしまったとしても、決して諦めず、病気に立ち向かっていきましょう。私たちはそれを全力でサポートいたします。
  • また病気の初発症状としては体が疲れやすいといった、貧血の症状や、原因不明の熱が続くといった事が多く見られます。思い当たる事がある方は、ご遠慮することなく、私たちの外来の門をたたいて、血液検査を受けて下さい。よろしくお願いいたします。

診療実績

平成27年入院患者実績(再入院を含む延べ人数)

入院患者数 白血病 16例
悪性リンパ腫 72例
多発性骨髄腫 15例
貧血 5例
血小板凝固異常 4例
骨髄異形成症候群 12例
骨髄増殖性疾患 8例
免疫異常症 6例
感染症 40例
移植関連 15例
原発不明癌 2例

平成26年入院患者実績(再入院を含む延べ人数)

入院患者数 白血病 31例
悪性リンパ腫 81例
多発性骨髄腫 10例
貧血 8例
血小板凝固異常 6例
骨髄異形成症候群 24例
骨髄増殖性疾患 7例
免疫異常症 11例
感染症 38例
移植関連 13例
原発不明癌 1例

平成25年入院患者実績(再入院を含む延べ人数)

入院患者数 白血病 24例
悪性リンパ腫 72例
多発性骨髄腫 27例
貧血 12例
血小板凝固異常 9例
骨髄異形成症候群 27例
骨髄増殖性疾患 4例
免疫異常症 8例
感染症 48例
移植関連 11例
原発不明癌 0例

平成24年入院患者実績(再入院を含む延べ人数)

入院患者数 白血病 41例
悪性リンパ腫 112例
多発性骨髄腫 18例
貧血 17例
血小板凝固異常 4例
骨髄異形成症候群 21例
骨髄増殖性疾患 3例
免疫異常症 6例
感染症 26例
移植関連 13例
原発不明癌 0例

平成23年入院患者実績(再入院を含む延べ人数)

入院患者数 白血病 48例
悪性リンパ腫 100例
多発性骨髄腫 26例
貧血 15例
血小板凝固異常 6例
骨髄異形成症候群 29例
骨髄増殖性疾患 3例
免疫異常症 20例
感染症 56例
移植関連 11例
原発不明癌 4例
PageTop