病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ 医師との面談時間のお願い
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内

個人情報の保護について
患者さんの権利と責務
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
診療実績・臨床指標
医療安全管理指針
感染管理指針

脳卒中センター

脳卒中センターについて

脳卒中センター長 大下 昇

 治療の選択肢が多いほど良い治療が提供できると信じており、常に新しいカテーテル等の技術を吸収しつつ従来からの顕微鏡手術も安定した成績を残しております。細かい技術を駆使した手術が得意で、動脈瘤クリッピング術をはじめ、顔面けいれんや三叉神経痛に対する神経血管減圧術や頸椎ヘルニア等の脊髄脊椎手術も多数行っています。脳血管内治療も行っており、動脈瘤塞栓術や頸動脈ステントはもとより、脳塞栓時の血栓回収療法も良い成績を収めています。

 3TのMRIにて特に脳血管病変の治療診断能力が増し、バイプレーンのフラットパネルDSA装置や最新の手術顕微鏡(蛍光装置付き)の導入にて治療の確実性もさらに高まっています。

 このような最新の診断および治療機器を駆使しながら最新の医療を提供いたします。

関連ページのご紹介

PageTop